CD再生の「××対策」

よくオーディオ・メーカーでは、特定の再生しづらいCDをそのアーティストの名前で「**対策」と名前を呼んで、そのCDをテストに用います。
某オーディオ・メーカーにいたとき「マルシア対策」なるものがありました。

当時、マルシアの事を何も知らないメーカーや関係各社の人たちは、やけにマルシア通になっていました。
さぞCDの売り上げにも貢献したことでしょうね。


ところで最近の話ですが、私がオークションで落札した「マリア・マルダー」のCDが、修理したばかりのミニコンポで音とびを起こしたのです。
他のコンポにかけてみても音とびはしません。
音とびを起こすのはそのコンポだけなのです。

しかたなく、交換したばかりのピックアップをまた交換し直しました。
そして私の修理では「マルダー対策」は必ずするようになったのでした。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

まちがい修理を発見!

修理をしているといろいろと面白いものを発見します。
CDトレイが開かないジャンクは結構多いのですが、だいたいがローディングベルト切れです。
ところがこの間見たのは輪ゴム切れでした。
ローディングベルトが輪ゴムで修理されていたのです。
輪ゴムはほんの少しの間は使えます。
しかしすぐダメになります。
オークションで買ったらしいのですが、こんな修理でオークションに出品している人がいるのですね。
その持ち主はユーミンのCDが入ったまま出てこないで私に修理に渡したので、ユーミンのCDは丁重に送り返してあげました。

他にもあります。
CDユニットの下部にフレキケーブルを直角に方向を直すための基板が入っているのですが、穴が開いていてその穴の上をジャンパー線が走っております。
このジャンパー線は製造段階で必ず切られております。
静電気に弱いCDピックアップは、ショートランド処理をされて半導体レーザーを守っております。
このジャンパー線はそのショートランドと同じ機能をしております。
組立ラインではショートランドしたままピックアップが搭載され、その後ショートランドの半田を除去します。
しかしジャンパー線でショートされているので、静電気で破壊されることはありません。
その後安全な所でジャンパー線はカットされるのです。
ライン・オペレーターは必ずハンドストラップと言う静電気を逃がしてやる器具を手首につけてますが、それでも冬場は静電気による故障が多くなります。

このわざとカットしているジャンパー線を、半田で修理しているジャンクがありました。
CDを読み込まないのは、このジャンパー線が切られているからだと思ったのでしょうね。
この修理では例え新品のピックアップに取り替えても、CDピックアップは機能しなくなってしまいます。
ですので、ジャンパー線は半田で修理してはいけないのです。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

新品なのに修理品?

新品のオーディオを購入しても、プリント基板にジャンパー線が走っていたり、あるパターンが切れていることがあります。

思わず新品なのに修理品か?といぶしがることでしょう。


メーカーでは市場の不良や検査で発生した現象に緊急に対処するために、設計者が現状の作り込みに手を入れる必要があります。

緊急指図書(略してキンサシ、金魚の刺身ではありません)を発行して、ラインで手のつけられるところから実施させます。


これはプリント基板などが改善されるまでの緊急処置で決して修理ではないのです。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

ノイズ・リダクション嫌いは少数派?

皆さんはカセット・デッキのノイズ・リダクションなるものを利用しているでしょうか?
ノイズ・リダクションにはドルビーB、C。ビクターのアンルス、東芝のアドレスと言うようなものがあります。
これらは全く規格が違い互換性がありません。
私は最初はありがたがって使っておりましたが、高性能のMCカートリッジを入手してから使うことをやめました。
ノイズの低減よりも音質の低下がはっきりと分かったからです。
しょせん人工的な音の加工です。
ナチュラルな音にはかないません。
しかし、ドルビーが搭載されないと、まず売れなかったでしょうね。
ビクターや東芝は独自路線でよくやったものです。

良いものが必ずしも成功するとは限らないのはビデオの方式を見ても明らかです。
大衆は画質よりも録画時間を選びましたね。
メタル・テープが出たときにはその性能に驚きました、しかしこれでカセットの時代も終わったと思いました。
生録ならまだしも、LPレコードのダビングにこんなに高価なカセットを使ってよいのだろうかと考えました。
GXC-750Dがメタルに対応していないので録音の主役をベーターHiFiに求めました。(初代機、高かった25万円?)
しかももう子育てでオーディオどころじゃなくなっておりましたので、ほとんどミュージックTVで済ませてしまいました。

先日、修理依頼のお客様にノイズ・リダクションを使っているか聞いてみました。
面白いことに私と同じような理由で使っていないのです。
少数派だと思っておりましたノイズ・リダクション嫌いって結構多いのかもしれませんね。

あと、その時代にはdbxがありましたね。
たまたま通っているディケアのメンバーさんで、大事な物はオーディオ機器という人がいたんです。
その方が、カセットは持っているけどほとんどdbxなので聴く事が出来ないと言うんです。
そしてたまたまA&DのGX-Z9000を修理していてdbxが付いている事に気が付きました。
彼の話を聞かなければこのdbxもたいして気にならなかったと思います。
ノイズ・リダクション無しのカセットばかり持っておりますので、どういうものかなと思ってdbxで再生してみました。
ノイズ・リダクション無しのカセットをドルビーで聴いても、高域がトーンコントロールで絞ったように聴こえるくらいで大きな変化はありません。
しかし、このdbxは全然違います。
全く変な音になってしまうのです。
これではdbxで録音したカセットはdbx無しの機器では全く役に立ちません。
おそらくdbxで録音したカセットテープを沢山持っている人は、dbx無しのGX-Z9100よりもこの9000の方が価値があると思います。

丁度ピンチローラーもアイドラーも全てオリジナルのウレタンゴムで作ったものを採用した第一号機です。
しばらく家で長時間の耐久テストを終えてヤフオク出品を考えてましたが、その人に見せるとやはり欲しいと言いました。
ヤフオクに出品した方が高値が付くと思いますが、その人に譲る事にしました。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

人類最強ボーカルは誰でしょう

人類最強ボーカルは誰か?
異論はあるかもしれませんが、私は何と言ってもレッド・ツェッペリンのロバート・プラントを上げます。
ジミー・ペイジ曰く、声帯オリンピックがあったら彼が金メダルだね。
しかし最強の命は短く、彼でも3年ほどであったと思います。

じゃあ女性では?
やっぱりジャニス・ジョプリンじゃあありませんかね?
彼女は最強のままわずか27歳でこの世とおさらばしてしまいました。
ロバート・プラントの歌い方ってジャニスが原型のように思います。

今、はまってますのが
Catch Me Daddy
私流に日本題にすると「おとっつあん、抱っこして。」
ちょっとダサかったかな?


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

再生の難しいCD-Rの作り方とハードオフ

再生の難しいCD-Rの作り方。
iTuneで75分以上の曲をセレクトする。
なるべく古いCD-RWの機器を使う(DVD-RWは性能が良すぎるからダメ)。
一番安いCD-Rを使う。50枚で980円くらいのやつ。
iTuneで最高速度で焼く。
めったなことでは再生できないCD-Rが出来上がります(笑)


週に一回はハードオフに行きます。
私の住んでいるところですと30分で4軒のハードオフを回れます。
目当てはリモコンとAMアンテナです。
めったに無いのですが、時々ONKYOのリモコンを置いてあるときがあります。
AMアンテナはあれば105円なのでこれは自分で作る気になりません。
あるだけ買ってきます。
ジャンクは高いのですが、それでも525円でMDだけ使えるものが置いてあることがあります。
CDやMDの使えるメカだけ外して廃棄です。

ONKYOのジャンクは高くて手が出ません。
しかしこの間FR-X7と並んでFR-7GXが置いてありこいつと目が合ってしまったのです。
「私を連れて行って」とやつは言った。
CDトレイは出てこないが、MDは大丈夫だ、そして表示灯は明るい。
うーん、気に入ってしまった。
試しに店長に値引き交渉してみました。
意外とすんなり1000円の値引きに成功しました。

「今回だけですよ。」と言っていたけど・・・またやるさ(笑)


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

浅川 マキ

息子佳祐が描いたマキ私は浅川マキのフアンです。
最初に聴いたのは中学生のとき。
吉田拓郎が浅川マキは良いと言ったからです。
私は先生や親の言うことは聞きませんが、吉田拓郎やビートルズの言うことは聞くのです。
初めて買ったマキのレコードは山下洋輔トリオ+稲葉国光とのライブ「Maki 此廚任垢諭
ジャズを聴き始めたのもそのころで「テイク・ファイブ」のディブ・ブルーベック・カルテットはレコードも買ってよく聴いたものです。

マキはCD嫌いで有名でした。
ですからLPも廃盤になったCDを手に入れるのは至難の業です。
商業的なものも一切かまわず、マキは自分の好きな歌を歌っておれればそれで良しと言うタイプ。
本当ならば、ブルースの女王と呼ばれるべき存在でした。

マキの死後、もうマキの承諾を得なくても良くなった東芝EMIは次々とマキのCDをリリース。
私はLPを全てオークションで売ってCDを集めだしました。
しかし3枚だけはリリースされず現在に至ってます。

ところが今年になって、2枚手に入れることが出来ました。
12000円で誰も買い手が付かず出品されておるCDがありますが、同じCDを即決5860円と言う値段で手に入れました。
金出せばいいってものじゃありません。
かえってファンの反発を買うようなものですよ。

さてあと残り一枚ですが、まだ入手出来ていません。
ちょっとしたきっかけで知り合いになった中古レコード出品者が言っておりました。
「ずーっと欲しいという気持ちを持ち続ければ、いつかは手に入れることが出来ますよ。」

Youtubeで2枚組の一枚分はダウンロードし、それからCDを作りました。
ところがマキが生前
「CDのマイマンの音はジャズじゃないのよ。」
と言っておりまして、この言葉が気になっておりました。
マキのCDへの懐疑が私にも移ったようです。
もう2013年には完全にアナログ派に戻りました。

浅川マキCDの音に疑問をいだき始めたので、LP「マイ・マン」を買わなきゃと思いました。
ある日やっとヤフオクに出品されました。
絶対落としてやる!
こういう奴には誰もかなわないでしょう(笑)
最初から2万円で入札です。
結局、11000円で落札できました。
そして音を聴いて、マキの言葉を理解しました。

マキは死ぬまでアンダーグラウンドのヒロインであり続けました。
ファースト「浅川マキの世界」でインタビュー風に収録した
「どこで死にたい?」
「どこでもいい」
と言ったとおり、2010年1月17日名古屋公演中の滞在しているホテルで入浴中に心不全(一番わけの分からない死因)でこの世を去りました。
死ぬ当日まで現役で有り続けました。
「有名になりたい?」
「どうだっていい。」
これも言葉通り、ほとんど無名のまま、アパート暮らしで数年前に死んだ愛した男の後を追うように・・・
自分のレコードは一枚も所持してなかったそうです。
過去には興味が無いのでしょうか?

マキが死ぬまで行動(演奏)を共にしたドラムのセシル・モンロー。
その翌年、海水浴で水死しました。
1996年に発表された28th「こんな風に過ぎて行くのなら」
その中に収録された「埠頭にて」マキ作詞
♪突然 襲われちゃうよ 波にさらわれて♪
「マキに連れて行かれた…」そうとしか思えず身震いしました。
作曲者の飛田一男もマキの死ぬ数年前に死んでおります。

マキは一回だけプロポーズされたそうです。
若いとき、地方巡業のキャバレー周りのバイブ(ビブラホーン)の女房に逃げられた子づれの男に。
マキと顔を合わすたび。
「オレと結婚しないか?
この子のおっかさんになってくれ。」

また、マキはある時一枚のレコードを渡され、
「この良さが分からないんだったら歌手を辞めた方が良い。」
と言われました。
それは、ビリー・ホリディのレコードでした。
そしてウイキペディアにも出てくるマヘリア・ジャクソンにもマキの名前が載ってます。
この二人のレコードを買いましたが、私にはまだその良さが分かりません。
「二人の女」マキの書いたこの曲はこの二人の事でしょう。

死ぬまで、町の歌手だったビリー・ホリディは死後伝説として語られ、ゴスペルの女王として死んで行ったマヘリアより今は有名です。
マキはビリーのようなタイプかもしれませんね。
「娼婦になりたいと思う?」
「うん、時々思うね。」
ビリーは本当の娼婦でした。

5th「裏窓」ジャケットには日本のジャズ・トランペットの大御所、南里文雄が写っており
「セント・ジェームス病院」が彼の最後のレコーディングだったそうです。
そして、「松田優作が愛した音楽」と言うのがあるそうですが、この曲がセレクトされているそうです。
日本のジャズの直木賞のような南里賞の南里文雄です。
そもそも、寺山修司に見出されて、ファーストは半分は寺山が作詞。
「裏窓」では「ケンタウロスの子守唄」で筒井康隆が作詞。
山下洋輔、つのだ☆ヒロ、近藤等則、向井滋春、本多俊之、後藤次利、渋谷穀、山内テツ、泉谷しげる、日野皓正、川端民生
ボビーワトソン、坂本龍一、原田芳雄、下山淳、野坂昭如、坂田明・・・・・・
まるで砂糖に群がるアリのようにマキに吸い寄せられるように集まる凄い男たち。
マキと演りたい、ヤリタイかも?
全然美人でも特別歌が上手いわけでもありません。
音符も読めない、しかしほとんどの作詞は彼女の物、作曲もやる。
彼女の強みは強烈な個性、オリジナルティ、決して有名ミュージシャンの言いなりにならなかったしレコード会社の意向にも逆らった。
売れなくとも良い。
ビリーのように生きてやろうと思ったのかもしれません。

息子佳祐が描いたマキ118歳の冬、新宿「アケタの店」入場券が取れなくてドアに耳を着けかすかにもれてくる彼女の歌を聴きました。
それがマキとの最接近でした。
ファースト、何枚持っているのだろう、初めて数えたらLP6枚、CD一枚。

LP23枚が一挙に出品されたとき51000円で入札し、結局51000円で落札。
相手も粘る事、終了間際2時間。
こいつは絶対5万円であきらめる、最後まで付き合わずコンビニにタバコ買いに行きました。
届いたレコードは絶品で、きっと大事にコレクションしていた親父が死んで、価値も分からぬ息子が中古レコード店に投げたのでしょう。

コレクター=憧れていた物、者、になれなくて集める偉大なる大馬鹿。
マキはその対象としては完璧なる条件を満たしております。
マキは石川県美川町(現在の白山市)の町役場の年金係り、たまたま町に来た
NHK「のど自慢」、優勝したわけでも無いようです。
それだけでふらりと東京に出てきてキャバレーまわり、歌えればどこでも良かったようです。
デビューはビクターレコードからど演歌歌手、「東京挽歌」「アーメン・ジロー」。
この時代だけは彼女は受け入れがたい事実だったようです。
表の加藤登紀子、裏のマキ、何故か気が合ったようです。

マキは死んでしまいましたが、マキの伝説は始まったばかりだと思ってます。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

カセットウオークマンのベルト

カセットウオークマン熱は冷めることありませんね。
私の家に常時5台ほど集まってます。
今は多くありまして、今日着のも入れると、10台あります。
リピート傾向が強く、1台直してあげると更に2台3台と依頼が来ます。
どうもコレクションしている人が多いようです。
ジャンクを落札する前に私に直るかどうか尋ねてくる人もいます(笑)

しかし、メーカーの法定部品保有義務は生産終了してから7年です。
はっきりいってウオークマンのベルトも保有義務は終わっておりまして、いつまで在庫があるかにかかってます。
高性能の録音再生機能を持っているWM-D6Cと言う機種は、ベルトの在庫をあきらめて自作のベルトでなんとかなることを確認しておりましたが、SONYに問い合わせると3本在庫があると言うじゃありませんか。
速攻で全部買いました。
また、メインで使っていたベルトの在庫は、問い合わせたら無くなっておりまして、これにはあせりました。
もう私のウオークマン修理も業務終了となってしまいます。
しかし何とか代替品が手に入ることが分かりましたので、注文しておこうと思いました。

SONY(SONYに限りませんが)の窓口業務の人は、部品の代替なんて分からないし調べないようです。
こちらから機種と品名を言わないと、パソコンの端末から調べる事が出来ないようです。
違う部品と思い注文して取りに行ったら、同じ部品だったと言う事が良くあります。

今回は思い切って100本注文しようと思いました。
しかし、1ユーザーに100本も売る事は禁止されているようです。
そりゃそうですね。
限りのある在庫を全部買い占められたら、ヤフオクで売ると値段はうなぎのぼりに高くなります。
プリンターのヘッドやインクも、メーカーで生産終了すると大変な値段が付くのと同じことですね。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

部品調達のあれこれ

ONKYO CDコンポ FR-X7Aの背面には昔で言うプリ、メイン分離のジャンパープラグと言う部品があります。
高級品のアンプにしか付いていない代物です。
FR-X9を落札したときこの部品が欠品しておりました。
以前、部品のことでオンキョーに電話したことがあります。
けんもほろろに「部品の販売はいたしません、あくまでも修理対応します。また個人で修理したと見られる製品は修理もいたしません。」とのお答えでした。
しかし今度は外部部品なのでどう出るか楽しみに電話してみました。
電話対応の女性はジャンパープラグと言っても分からない様子。
さいたま市の見沼区にサービスセンターがあるというので、そこに部品が在庫していたら取りに伺いますと言う。
電話をかけなおすと言うのでしばらく待ちました。

さて電話が来ました。
「その部品は確かにございます。部品代は一個200円ですが、直接渡すとなると手数料が1000円かかります(と言うようなことを言っていました)。」
結局、近所のエディオンから注文することにして部品番号だけ聞いておきました。
欠品のジャンクを入手したときのことを考え10個注文したのですが、それは手に入るまで3週間を要しました。
オンキョーは部品調達がなかなか大変ですね。

さいたま市(旧大宮市)は昔からオーディオメーカーのサービスセンターが多く、部品調達には便利でした。
昨年、KENWOODのカセットデッキのリバース再生が出来なくなったので、中を覗くとリバース側のピンチローラーAssyの樹脂部分が折れていました。
KENWOODに電話してみると、さいたま市のサービス・センターに在庫があって値段は300円、直接サービスマンと話ができました。
約往復30分バイクに乗って、間単に部品調達ができました。
さすがに昔から無線屋相手に無線機を売っていたトリオ(KENWOODの前の社名)ですね。
無線屋(ハムラー)は自分で無線機を作ちゃう連中だから、こういう連中相手に「部品だけ売れない。」なんて絶対いえないはずなのです。

2013年夏、桶川にあったパナソニックサービスセンターは熊谷に統合されてしまいました。
同じ頃、KENWOOD/JVCは移転は無かったかわりに電話が直接かけられないようになり、本部(どこにあるのか?)が電話に出てなかなかやりにくくなってしまいました。
結局、電話に出た人に
「埼玉サービスの●●●さん(イケメン)から電話を入れて下さい。」と言う戦法を編み出し、サービスマンと直接話ができるようにしました。

2014年2月28日、SONYサービスが埼玉から撤退し、秋葉原サービスに統合されました。
ちょうどその頃SONY本社(品川)がビル売却と言う報道をしていました。
なんだか、日本のオーディオメーカーの衰退をひしひしと感じました。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
 
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -

「気のせい物」エトセトラ

オーディオの楽しみは、音が良くなるとかの便利なアクセサリーを使うにもありますね。
しかし、ほとんどのものは「気のせい」と切り捨てます。

1、ディスク・スタビラーザー
うんうん、反ったレコードには効果がありそうです。
真ん中だけでは無く、レコード外周にもセットできるアウタースタビライザーと言う品もKENWOODにありましたね。
実は私も売った事があります。
まあ、ハウリング対策には良いかも知れませんが、音が良くなるなんて期待はしない方が良いでしょう。
それよりも、レコードを聴くときにはダストカバーは外しておきましょう。
これは、スッキリと音が良くなります。

2、高剛性シェル
これも良く使う手です。
うん万円もするシェルもあるようです。
でも、これも気のせいです。
カートリッジ本体にお金を掛けた方が良いでしょう。
長岡鉄男氏が考案した鉛のシェル・ワッシャー、これは効果がはっきり認められます。
安いシェルでもゴムワッシャーをやめ、鉛のワッシャーに変えましょう。
私も売ってました。

3、ケーブル類
シェル用とかピン・コード用とかスピーカー用とかいろいろあります。
しかし、アンプの中身は普通のケーブルがほとんどです。
徹底してやるなら、まずアンプ内部のケーブルの交換ですね。
まあ出来るだけ電気抵抗の少ない銀メッキとか使うに越した事はありませんが、その前に今使っているケーブルをダブルで使ってみましょう。
はい、散々売りました。

4、電源極性チェッカー
これは高値で売れますね(数台売りました)。
でも検電ドライバーとかテスターを使った方が確実です。
しかし、交流なんて元々極性なんかありません。
アースを取れば何にも要りません。
もうね、日本も電源事情を変えて欲しいです。
普通の家庭に3相200Vを安く引き込めるようにして欲しいですね。
アメリカや中国でも200Vが当たり前で電化製品も省エネです。
3相は極性が有り、間違えるとモートルが逆回転して冷蔵庫やエアコンなんか壊してしまいますね。

5、レコードクリーナー、CDクリーナー
必要ないです。
食器洗いの中性洗剤(ママレモン)で水洗いしましょう。
埃の付いたものをこするとキズが付きます。

まだまだ有りますが、今日はこの辺にしておきましょう。
まあ、基本的に使っている本人が良いと思えば幸せで業界も潤います。

こんな事書いていると業界からヒットマンがやってきそうです。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
 
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -
オーディオ研究所
所長  佐藤 彰
みなさんこんにちは。
オーディオ研究所 所長の佐藤 彰です。

オーディオ機器の修理やオリジナル部品の開発をしています。
中学の頃からスピーカーを自作したりして、オーディオ人生まっしぐらです。
修理の話、音楽の話、以前に勤めていたオーディオメーカーでの話などいろいろ載せています。
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS
短期売買の株取引