<< ノイズ・リダクション嫌いは少数派? | home | まちがい修理を発見! >>

新品なのに修理品?

新品のオーディオを購入しても、プリント基板にジャンパー線が走っていたり、あるパターンが切れていることがあります。

思わず新品なのに修理品か?といぶしがることでしょう。


メーカーでは市場の不良や検査で発生した現象に緊急に対処するために、設計者が現状の作り込みに手を入れる必要があります。

緊急指図書(略してキンサシ、金魚の刺身ではありません)を発行して、ラインで手のつけられるところから実施させます。


これはプリント基板などが改善されるまでの緊急処置で決して修理ではないのです。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -
オーディオ研究所
所長  佐藤 彰
みなさんこんにちは。
オーディオ研究所 所長の佐藤 彰です。

オーディオ機器の修理やオリジナル部品の開発をしています。
中学の頃からスピーカーを自作したりして、オーディオ人生まっしぐらです。
修理の話、音楽の話、以前に勤めていたオーディオメーカーでの話などいろいろ載せています。
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS
短期売買の株取引