<< KENWOOD Avinoシリーズの「R-SE7」の修理 | home | カナダのシンガー・ソング・ライターのレナード・コーエン氏死去。 >>

アナログとコンプレッサー

カセット・ウオークマン人気はまだまだ凄いですね。
私もすっかりカセットを聴くようになってしまいました。
オーディオテクニカ(Lo-D)サウンドバーガーAT727を修理したところ、2台あったので一台をお借りする事ができました。
LPレコードも聴いております。
すっかりアナログに返り咲きです。

アメリカではいまだに新アルバムリリースでCDとLPの両方を発売するようです。
アナログはデジタルに比べて音が悪いかと言うとそんなことは有りません。
ダイナミック・レンジやデーター上はデジタルが数値は上ですが、どんどん良い音のCDは少なくなっているような気がします。

カセットをMD化しましたが失敗だと思います。
もしかしたらカセットの方が残るような気がします。
MDピックアップが寿命になると全く使えません。
カセットはヘッドが磨り減っても全く聴けなくなる事はありません。
現に40年も前のカセット・デッキを修理して使う事が出来るのですから。

もうメーカーは当てにできませんから、部品をウレタンでピンチ・ローラーを作ったり近所のバネ屋さんで特注で作ってもらったりしております。
最近ホビー・キャストというもので樹脂部品を作ろうとしております。
生産技術におりましたので、その気になればたいていのものは作ることが出来ます。
旋盤とボール盤とコンプレッサーが欲しい今日この頃です。
しかし、置き場所が無いですね(笑)

また秋葉原に通うようになるかもしれませんね。
以前は、月に一回は行ってました。
バイクで行くのが便利なのですが、最近の秋葉原はバイクに優しく無いようです。

最近良いことがありました。
お客様に工具を扱う商売をされている方がおりまして、コンプレッサーが欲しいと言ったら店用の手ごろなコンプレッサーをいただきました。
本当に嬉しいです。
今では一番大事な道具になっております。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -
オーディオ研究所
所長  佐藤 彰
みなさんこんにちは。
オーディオ研究所 所長の佐藤 彰です。

オーディオ機器の修理やオリジナル部品の開発をしています。
中学の頃からスピーカーを自作したりして、オーディオ人生まっしぐらです。
修理の話、音楽の話、以前に勤めていたオーディオメーカーでの話などいろいろ載せています。
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS
短期売買の株取引