<< クレームの犯人 | home | アナログとコンプレッサー >>

KENWOOD Avinoシリーズの「R-SE7」の修理

KENWOODのAvinoシリーズの中核をなすレシーバー「R-SE7」の整備をしました 。
レシーバーとは昔の言い方でしょうか? 
現在はチューナーアンプと言う言葉を使われているようです。

このレシーバーの大きな特徴は高級アンプにしか用いられないA級動作のアンプを内蔵しているところです。

A級動作は音が出ていないときでも最大の音が出ているときでも電力消費量は同じという、非常に不経済でエコ時代の現代では敬遠される方式ですが、スイッチング歪が無く澄み切った音がすると言うのがマニアの間では定評になっております。
従いまして小音量でありますが発熱はしますので、決して上に物を置いて通風孔を塞いではいけません。

私の少年時代には決して手の届かない高嶺の花でした。
実際、B級動作からボリュームにランプの付くpureAに切換えますと、私の悪い耳にも澄み切った音が感じられます。

世の中、面白いもので今まで全然縁の無かったもの(無かった事)が、ちょっとしたきっかけで次々と舞い込むようになります。
恋愛なども同じようなものですね。
私がAvinoシリーズのカセットデッキやCDデッキをヤフオクに出品していた事が呼び水となって、このR-SE7の修理依頼を受けました。

依頼者様はまず、FL管の表示の暗さを何とかして欲しいようでした。
届いた物は部屋の明かりを消して目を近づけないと表示が分かりません。
しかし、このFL管という奴は蛍光灯とほぼ同じ原理ですので、暗くなったら決してもう明るくはなりません。
そこで電源の入らないジャンクに目を付けました。
めでたく800円で落札したのですが、届いたのはDP-SE7ジャンクでした。
早速、出品者様にクレームの電話をしました。
ショップでしたがどうも一人で切り盛りしているようで、もうそのジャンクは見当たらないが比較的表示の明るい動作品の写真をメールで送るとの事でした。
まあ、満足レベルの明るさでしたので承知しました。
ついでに間違えて送ったDP-SE7は着払い伝票を一緒に送るから返品して欲しいとのことでしたが、交渉して500円で譲ってもらいました。

私得意の完全分解洗浄で基板もマジックリンで丸洗いしました。
(洗って良い物と悪い物がありますので、電子部品に詳しくない方は決して真似しないで下さい。)
ついでですから2台一緒に行いました。
これだけではないのですが、2台とも不具合が直りました。
依頼者様には落札したジャンクのFL管を取り付けて返却しました。

依頼者様はジャンクの落札品は私にくれると言いましたので、あるお客様を思い出しました。
他には依頼のないPANASONICのカセット・プレーヤー(ウオークマンですね)を5台ほど修理依頼してきた方です。
彼はPANASONICのヘッドホン出力の小ささに、ヘッドホンアンプが欲しいと言っておりました。
まあ、このアンプだったらヘッドホンアンプの大きさに近いので早速「あげる」と連絡したら大喜びです。

ねえ、私と付き合うと良い事あるでしょう。

そうこうするうちに別のお得意さんからお中元が届きました。
なんと高級ビデオDVDデッキとリモコン、それと「DP-SE7」ともうひとつこの「R-SE7」です。
勿論、故障品ですが私にとっては宝物です。

早速「R-SE7」だけ完全分解洗浄して完全整備しました。
お客様の修理依頼品と同じ年代物なのにFL管は割りと明るいものでした。
それもそのはず、純正のスモークアクリルカバーではなく、自作の透明アクリルカバーが付いておりました。
この修理をした人は頭が良いですね。

全機能動作することをチェックしました。
さて、これからどうしようかな。


コメントされたい方はオーディオ研究所の掲示板に是非お願いします。
 
Posted by オーディオ研究所 所長 | - -
オーディオ研究所
所長  佐藤 彰
みなさんこんにちは。
オーディオ研究所 所長の佐藤 彰です。

オーディオ機器の修理やオリジナル部品の開発をしています。
中学の頃からスピーカーを自作したりして、オーディオ人生まっしぐらです。
修理の話、音楽の話、以前に勤めていたオーディオメーカーでの話などいろいろ載せています。
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS
短期売買の株取引